勝手気ままなくるま旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界で戦うトイファクトリー&BADEN!!

<<   作成日時 : 2011/11/29 21:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

11月17日の「ワールドソーラーチャレンジの舞台裏」って記事で紹介させてもらった、『テレメンタリー2011』がテレビ朝日系列の24社で放送されました!

先週からこの記事を書きたくて仕方なかったんやけど、一番遅い放送のところはこの土日に放送だったんでそれが終わるのを待って、今夜満を持してのアップです

17日のブログの記事見て一人でも多くの人がこの放送を見てくれてたら嬉しいんやけど。。
画像



沖縄の現役高校生とOB、サポーターからなる
『TEAM OKINAWA』
この中にはバーデン納入以来色々とお世話になってるToy−Factoryの藤井社長の姿も・・・
画像


これが今回ワールドソーラーチャレンジ用に開発したソーラーカー
サイドにはちゃんとメインスポンサーとして「Toy−Factory」のロゴマークが見えます
画像


太陽エネルギーで走るソーラーカー。
その世界最大のレースがオーストラリアを北から南へ3000キロ縦断する「ワールド・ソーラー・チャレンジ」です。

前回大会で優勝した東海大学チームをはじめオックスフォード大学、スタンフォード大学、マサチューセッツ工科大学など世界の名だたる大学、企業などが参加するこのレース。
そのレースに沖縄の高校生たちを陰から支える黒子として我らがトイファクトリーのバーデンとスタッフが挑みました。
画像


レースに参加したのは世界中から集まった精鋭37台。
レキオンは、先行するリードカーと後方にピタリとついたチェイスカーのBADENに前後を守られながら順調にスタートを切りました。

レキオンとの距離を20mから30mに保つチェイスカーのBADEN。
ドライバーにとっては決して楽な運転ではありませんが、間に他の車両が進入するのを防ぐ大事な役目なんです。
もちろん運転してるのはToy−Factoryのスタッフ
画像


開始早々、チームオキナワのレキオンは名門スタンフォード大学と抜きつ抜かれつのデッドヒートを演じます。
予想以上の走行性能で強豪チームにも全然引けを取ってません

しかし小さなトラブルで路肩に停車中にスタンフォード大学が追い抜いて行きました。。。
画像


その後ハイウェイを順調に走るその強豪チームに追いつき、再び追い越すという派手なオーバーテイクを見せてくれたレキオン
二日目のレースを終えた時点でTEAM OKINAWA は暫定10位、延べ約1000kmを走破しました。
画像



序盤戦はすこぶる順調にレースを進めたものの、レース中盤以降幾多のアクシデントやマシントラブルが発生。
しかしそんな時にもバーデンとトイのスタッフがすぐ傍で頼もしく見守ってくれています!
画像


スタートから2240キロで初めての雨に遭遇。
アデレードのゴールまで残り750キロ。
大事な終盤に来て2日間は太陽のないソーラーカーレースとなってしまいました。。
バーデンにてるてる坊主を吊って天候の回復を祈る高校生達
画像


バーデンの冷蔵庫の上蓋をテーブル代りにしてPCで作業中のソウイチロウ君。
画像



ここまで快調に距離を積み上げてきたレキオンが天候に弄ばれています。
結局悪天候によりソーラーによる自走を諦め、レキオンはとにかくゴールを目指します!


10月22日 午後2時。
レキオンは市内にあるゴール地点の公園に入り3000kmのレースを無事完走。
スタンフォード大とデッドヒートを繰り返し、最終的にケンブリッジ大、マサチューセッツ工科大学などをしのいで総合13位と大健闘

二日間の悪天候の影響もあって上位チームをさらにオーバーテイクすることは出来なかったけど、レキオンはその能力の高さを十二分に証明出来たんじゃないんでしょうか


10月23日 日曜日 快晴。
レキオンは市内中心部に設けられたフィニッシュゲートに向けて、約2キロのビクトリーロードをゆっくりと進みます。
フィニッシュラインではレキオンにTEAM OKINAWA のメンバーが徒歩で続き、市民、レース関係者などの喝采を浴びながら歓喜のゴール
画像


優勝は東海大学で、前回に続き二連覇達成
二位はオランダのNUON、三位はアメリカのミシガン大学。
また四位には芦屋大学が食い込み、日本からの参加3チームは無事3台とも完走で上位入賞を果たしました。



最先端技術を集結して自動車メーカーなどのプロが制作するソーラーカーや、超一流大学の学生たちが作ったソーラーカーが多い中、沖縄の高校生たちは手作りにこだわり続けました。
設計から組み立て、そしてソーラーパネルを使った試走まで全て自分たちの手で行い、最後の方は寝る間を惜しんでレキオンを完成させたんです!!
メンバーの高校三年生は進路に悩みながらの活動で、さぞ大変だったろうと思います。
その後のTEAM OKINAWAのブログによると、二人は大学合格内定を貰ったみたいで本当に良かったです!


また今回のレースにサポートスタッフとして帯同されたトイファクトリーの藤井社長、猪瀬さん、千葉さん大変お疲れ様でした!!
オーストラリアの大地を走ってるBADENを見た時、BADENに乗ってる一人として何とも言えない高揚感があり嬉しかったです

二年後にはTEAM OKINAWAと共に世界一になれるように頑張って下さいネ(^_-)-☆



本日も最後までお付き合いいただき ありがとうございました。

それじゃ、また〜


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへにほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
番組見ましたよ!夜中の放送でしたので録画しましたけど(^^;
学生さん達もスタッフさん達もお疲れ様ですし、次の期待が膨らむイイ経験になったのではないでしょうかね(^^
次回も番組があれば見てみたいですね!
てん☆そら
2011/11/29 22:09
本当に感動モノの良い番組でした!(^^)!
DVDにダビングしようかと、削除せずに置いて有りますよ!
学生さん達は残念な結果でしたけど、「Toy−Factory」の宣伝にはなりましたね(^_-)-☆
この様なメインスポンサーとしての活動は続けて貰いたいと思います\(^o^)/
キャンカーの先進のショップとして!ヽ(^o^)丿
キティ号
2011/11/29 23:31
昨日録画していたのをやっと観ました^^;
唯一の高校生チームであれだけできるとは。
そして、あきらめるということが選択肢からなくなったという言葉がとても印象的でした。
ガンバレ!
せんべいまゆ
2011/11/30 07:39
<てん☆そらさん>
今回のノウハウを次回に生かせれば、二年後はもっと上位に食い込めるんじゃないんでしょうか!?
次回も番組で取り上げてくれればいいのにな〜
もっちゃん
2011/11/30 19:47
<キティ号さん>
高校生達は受験を控えて難しい時期の挑戦やったけど、何物にも変えれない貴重な体験が出来て良かったんじゃないのかな〜
その後無事に大学の方も決まったみたいで何よりです!!
トイはソーラーにはどこの会社よりも拘ってるので、ソーラーカーのスポンサーってのはピッタリなんですよね(^^♪
もっちゃん
2011/11/30 19:53
<せんべいまゆさん>
高校生活の限られた時間の中での今回のチャレンジは、本人たちの今後の人生にも大きな影響を与えたような気がします。
彼らなら世間の荒波にのまれずに、厳しい社会の現実の中でも頑張って行けると思います。
一つの事にチームで協力して頑張ってる姿は感動しました!!
もっちゃん
2011/11/30 19:57
客人があってTV見えずでした。。
無事完走出来たし、13位であれば、上出来かな??
来年は、ベスト10入り目指して頑張ってもらいたいですね!
ラチョレ
2011/11/30 23:30
<ラチョレさん>
高校生という事を考えれば上出来かも知れないけど、本人達はソーラーのみでの完走を目指してたんで残念だったんじゃないかな〜
大学に行ってもこのチームに残って今回の経験を後輩達に引き継いでいって貰いたいですね!!
もっちゃん
2011/12/01 08:26

コメントする help

ニックネーム
本 文

キャンピングカー ブログランキングへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
世界で戦うトイファクトリー&BADEN!! 勝手気ままなくるま旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる