勝手気ままなくるま旅

アクセスカウンタ

zoom RSS これからはキャンカーも発電+蓄電の時代へ

<<   作成日時 : 2013/11/19 22:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

今日はちょっと仕事に関する話題を・・・

今朝の新聞各紙にも掲載されてたのでご存知の方も多いと思いますが、昨日Panasonicから新しい蓄電池に関するプレスリリーズがありました。


内容は以下の通りです。

【産業・住宅用】リチウム蓄電システム 蓄電容量:5kWh スタンドアロンタイプ
画像




品名 【産業・住宅用】リチウムイオン蓄電システム
蓄電容量:5kWh スタンドアロンタイプ
品番 LJ-SF50A
希望小売価格
(税抜・工事費別) 900,000円
受注開始日 2013年12月20日
販売目標 2,000台/年

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社は、「産業・住宅用 リチウムイオン蓄電システム 5kWh スタンドアロンタイプ」の受注を2013年12月20日より開始します。5kWhの大容量ながら、100万円を切るお求めやすい価格を実現。オフィス、公共施設、店舗、住宅など、さまざまな施設で、万一の停電に備えての導入を促進します。停電時はもちろん、平常時も電力需要ピーク時の購入電力抑制にも貢献します。

近年、BCP(事業継続計画)の取り組みや、節電意識の高まりから、蓄電システムへのニーズが増えています。しかしながら蓄電システムの導入には、価格、容量、設置スペースなどの課題があります。
このような中、当社では従来の約2倍※1のエネルギー密度を有する高容量リチウムイオン電池を 搭載することで、5kWhの大容量ながら、小型・軽量化と希望小売価格(税抜)で100万円を切る低価格を実現しました。 コンセントから直接電源が取れるスタンドアロン方式を採用。執務デスクの脇やPOSレジの下にも置ける※2スリムなデザインで、事務所やマンション管理室、店舗や診療所、住宅での設置に配慮しました。

当社は、これからも、「もしも」の停電に備える安全・安心な暮らしや環境負荷の軽減の両立の実現を目指し、蓄電池関連製品の普及促進を図ります。

なお、本製品は、2013年12月12日(木)〜14日(土)に東京ビッグサイトで開催される日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2013」に出展いたします。

<特長>
高容量リチウムイオン電池を採用し、当社従来比約2分の1※3の価格を実現
5kWhの大容量、1.5kVAの高出力仕様で、複数の機器の連続使用が可能
当社従来比約3分の1※4の小型・軽量なスリムデザインで設置の自由度を拡大
※1当社従来品(1.6kWh/3.2kWhタイプ)に搭載しているリチウムイオン電池との比較
※2本機はUPS(無停電電源装置)ではありません。POSレジに接続される場合は、UPS機能を搭載した機種、もしくは蓄電システムとの間にUPSを接続してください
※3当社従来品(3.2kWhタイプ)との1kWhあたりの本体価格比較
※4当社従来品(3.2kWhタイプ)との1kWhあたりの体積・重量比較

※上記はPanasonicHPプレスリリースより転載
             
色付きの文字をクリックすると詳細ページへ飛びます。




これを読み終えて真っ先に頭に浮かんだのは・・・

「キャンカーに使えないかな〜?」

ここまでくるともう病気ですね


この蓄電池のいいところはAC100Vコンセントに差し込むだけですぐに使える簡単接続


なので使用イメージとしては普段は家で使用してお出掛けの時だけキャンカーに積み込むんです!


キャンカーでは外部100V電源入力(普通は車の外部にあるので内部へ移設)に専用ケーブルで接続。これで満充電してあれば5kWhの電力量が使用可能


外部100V電源入力に繋ぐ事でサブバッテリーに負担を掛ける事無く100Vの電化製品を使えるはず。。
いつも夜や雨の日は電圧計を気にしながら遠慮して使ってる電子レンジも思う存分使えそう


バーデン君のソーラーシステムから蓄電出来れば最高なんやけど現状のシステムでは無理かな。。


もちろん現状では大きさや重量はもちろん価格面でもキャンカ−での使用は現実的じゃないのも事実!
でも数年後のキャンカーはオプションでソーラー発電+蓄電システムが選べる時代になってるような気がします。


藤井社長!
3〜5年後をめどに創蓄連携システム(※)のオール電化キャンピングカー作ってくれませんか

(※)朝〜昼間は太陽光と蓄電池ユニットが連携し必要な電気を安定供給。余った電気は蓄電池に充電し晩〜夜間は蓄電池の電気を使用。

太陽光で創った電気を効率よく蓄電池に蓄えるので地震等の災害時でもこのキャンカーがあれば安心。


出来ればハイエースか新型ベース車輌を使ったキャブコンなら最高やけどな〜





本日も最後までお付き合いいただき 
ありがとうございました。
それじゃ、また〜



日本ブログ村のランキングに参加しています!
ブログ更新の励みになりますので下のバナーをどれでもいいのでポチッと押して貰えると嬉しいです(^^♪

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへにほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
う〜ん発想は良いかもですね!
でも、オール電化のキャンピングカーも有るし、まだまだ金額が問題ですよね…。
蓄電システムはここ数年で開発されると思います\(^o^)/
キティ号
URL
2013/11/19 22:40
「100万円を切るお求めやすい価格」って、
私には、お求めやすく無いです。(;´▽`A``
hoso
URL
2013/11/20 15:44
新聞でちらっと見たんですが、キャンピングカーにまでは考えませんでした。
さすがもっちゃんさんですね m(_ _)m

キャンピングカーの夢というか、理想というか、そんなふうになるといいですよね。今のサブバッテリーの値段も結構するんで、金額ももう少し安くなると実現に近くなるんじゃないですかね。
レオパパです!
URL
2013/11/20 19:15
キャンピングカー用の蓄電器かと思っちゃいました。そんな訳ないですね。
でも、いつかそんな日が来るといいですね。
po-cooky's mama
2013/11/20 20:59
価格的には今の状態で十分でしょうけど、重量とスペースが課題のような気がしますね。
なんといってもキャンピングカーはスペースと重量が一番の問題ですから。
せんべいまゆ
2013/11/20 21:57
<キティ号さん>
技術的には今でも作れるんやろうけどコストと大きさ、重量などの問題がクリアされないと商品化には至らないんでしょうね。。
でも次にキャンカー買う時には創蓄連携システム搭載のキャンカーがいいな〜(*^^)v
もっちゃん
2013/11/20 23:33
<hosoさん>
ご無沙汰してます。
そうなんですよね〜いくら物が良くても値段がね〜(-_-;)
でもこれでも1年前と比べたら性能はUPして価格は半値以下なんですけどね。。
もっちゃん
2013/11/20 23:35
<レオパパさん>
さすがと言うより病気ですね(笑)
作るのは今でも可能やろうけど実際に商品化するとなると色々と難題が。。
一番はやっぱり価格かな!?
もっちゃん
2013/11/20 23:37
<po-cooky's mamaさん>
これから数年もしたら電気自動車がもっと普及してある程度の電化製品が使えるような次代が来ますよ!
でもやっぱりキャンカーはガスよりオール電化がいいな〜(^_-)-☆
もっちゃん
2013/11/20 23:41
<せんべいまゆさん>
そうですよね〜!
それでなくても重たいキャンピングカーに65kgも積むとヤバイですよね。。
バンコンだとスペースもないしね^_^;
もっちゃん
2013/11/20 23:44

コメントする help

ニックネーム
本 文

キャンピングカー ブログランキングへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
これからはキャンカーも発電+蓄電の時代へ 勝手気ままなくるま旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる